本文へスキップ

老後の生活費 では、老後の標準生活費、寿命、年金、退職金についてまとめ、一人暮らし及び夫婦世帯の標準世帯とマンション暮らしで安心した老後生活をおくる為の老後資金を見積りました。

5、老後資金の推移(65歳時点)

老後資金の推移 一人暮らし 夫婦世帯

65歳からの年金生活までに貯めておく老後資金は、最近増えているのでしょうか、減っているのでしょうか。
平成23年〜28年の推移をまとめ検証します。必要とする資金の増加が初めて減少しているのです!

前提条件

前提条件は、”65歳時点の老後資金” で用いたものと同じですが、再度以下に示します。


(対象世帯): 以下の2ケースを考えます。

    ・ 無職一人暮らし世帯(標準)
    ・ 夫65歳、妻60歳以上の無職夫婦世帯(標準): 妻は夫よりも5歳若い場合

(平均寿命)
    ・ 一人暮らしの場合は90歳として計算
    ・ 夫婦世帯の場合は、”平均余命と寿命予測” の結果から男性が85歳、女性は90歳として計算

(老後の生活費):”老後の生活費” を参照下さい。
    ・ 夫婦世帯の場合、夫が85歳で亡くなってからの生活費は、元の80%と仮定

(年金受給額) :”年金受給額” を参照下さい。
    ・ 夫婦世帯の場合、夫が85歳で亡くなってからの受給額は元の65%と仮定

(対象期間)
    ・ 平成23〜28年



老後資金(65歳時点で用意しておくべき資金)の推移

下の表は、65歳時点で用意しておくべき老後資金額で、年金受給額のみ考慮した結果です。
無職一人暮らしと無職夫婦暮らしの平成23〜28年の結果を示しています。
平成28年の結果は、”65歳時点の老後資金” と同じです。

65歳で用意すべき老後資金額の推移表

(無職一人暮らしの場合)

平成23年の老後資金額は、1、206万円、平成28年は1、351万円です。(水色部分)
65歳時点で用意しておくべき老後金額は、今年に初めて減りました。
平成23年から見ると、145万円も増えていますが、前年の増加額よりも初めて下がりました。
昨年と比べると総生活費が変わらないのですが、総年金受給額が約200万も増えた為です。


(無職夫婦の場合)

平成23年の老後資金額は、2、320万円、平成28年は2,851万円です。
65歳時点で用意しておくべき老後金額は、今年に初めて減りました。
平成23年から見ると530万円も老後資金が増えました(黄色部分)。
しかし前年の増加額よりも初めて減少したことがわかります。

昨年と比べると、年金受給額が約58万円減ったものの、生活をやりくりして切り詰めた結果、総生活費が約274万円も減った為です。

この傾向が今後も続いてゆくかは、今年からのデータを見て判断することになります。

平成27年には、年金支給額の調整がありましたが、まだまだ老後資金の増加傾向は続いています。
これからも緊急な行政の対策が望まれます。 特に老齢の夫婦世帯対策が急務です。

65歳で用意すべき老後資金額の推移グラフ




参考資料