本文へスキップ

老後の生活費 では、老後の標準生活費、寿命、年金、退職金についてまとめ、一人暮らし及び夫婦世帯の標準世帯とマンション暮らしで安心した老後生活をおくる為の老後資金を見積りました。

1、老後の生活費

老後の生活費 一人暮らしと夫婦世帯

一人暮らしと夫婦二人暮らしで老後の生活費の平均は、毎月幾らかかっているのでしょうか。
老後の生活費の内訳はどうなっているのでしょうか。 総務省統計局の家計調査報告からまとめました。

60歳以上で無職一人暮らし世帯の老後の生活費


下の表は60歳以上で無職一人暮らし世帯の標準生活費テータを資料から抜粋したものです。
平成23〜28年の最新の統計結果から比較してあります。

 老後の生活費の推移表 一人暮らし

水色の平成28年の結果から見てゆきましょう。

非消費出は国税および地方税 等の金額です。月当り12、445円かかっており、昨年度とほぼ同額です。
その下の消費支出は毎月の生活にかかる内容で、月当り143、959円と昨年度とほぼ同額です。

食糧費は一人暮らしで36,200円で、年々増加しています。
住居費は12、404円ですが、これはローンがない場合と考えてください。
60歳以上で無職一人暮らし世帯の標準生活費は、平成28年に毎月156,404円かかりました。


次に消費税が5%だった平成23年と、消費税が8%の平成28年の結果を比較してみましょう。

上の表の黄色で示した部分は、平成23年と28年との差で、以前より増えた所は黒文字、減った所は赤文字です。
これをグラフにしたのが下の図で、0より右側にある場合、増えたということです。

 老後の生活費の比較グラフ 一人暮らし


平成28年の標準生活費は前年とほぼ同じですが、平成23年前よりも4、005円増加しました。

中でも大きいのは食費、次いで交通、通信費、その他で、約6、200円も負担が増加しています。
食費は物価上昇と税金アップ分をもろに受けた項目ですが、生きるために必要な費用です。

平成28年4月から電力自由化がスタートしました。
光熱・水道費は昨年に比べ700円下がっており効果が期待できます。今年、平成29年度の結果を見て判断したいと思います。

一方、交際費と被服及び履物の費用が大きくマイナスとなっています。
生活に欠かせない食費などの増加分は、これらを切り詰めて何とかやりくりしているという、涙ぐましい努力が見て取れます。


電力自由化はいくらかの効果が期待できそうです。 行政のさらなる次の一手を望みます。



夫65歳、妻60歳以上で無職夫婦世帯の老後の生活費


下の表は、夫65歳以上、妻60歳以上の無職夫婦世帯の標準生活費テータを抜粋したものです。
平成23〜28年の結果を比較してあります。

老後の生活費の推移表 夫婦暮らし

水色の平成28年の結果を見てみましょう。

国税および地方税らの非消費支出は月当り29、855円と、前年より約2、000円減りましたが、平成26年以前のレベルに戻っただけです。
生活のために使う消費支出は、毎月237、691円で低くなっています。
住居費は14、700円ですが、これはローンがない場合と考えてください。

夫65歳、妻60歳以上の無職夫婦世帯の場合、標準生活費は一人暮らしの 約1.7倍で
毎月 267、546円かかっています。



次に平成23年と28年の結果を比較してみましょう。

上の表の黄色で示した部分は、平成23年と28年との差で、以前より増えた所は黒文字、減った所は赤文字です。
これをグラフにしたのが下の図で、0より右側にある場合、増えたということです。

 老後の生活費の比較グラフ 夫婦暮らし


平成28年の標準生活費は前年よりも約8、000円も減り、平成23年よりも約3、000円増加しました。昨年より減りましたが、喜んでいられる状況とは言い難いのです。

特に食費は年々増加しており、平成23から約6、700円も増え、増加傾向が続いています。
次いで交通・通信費ですが、平成23から約3、000円増加しています。

現在、多くの新しい商品やサービスが出てきているものの、結局は期間限定で1000円引きというやり方のようです。
本当に安くなったと実感できる商品やハードの開発と行政による指導を求めます。

以上、食費と交通・通信費の増加分の合計、約10,000円をカバーするために、まずは交際費を削り、ついで住居費をを切り詰めてやっている事がうかがえます。2つだけでは不足なので医療費や光熱費の節約までやっているように見受けられます。

食費や交通・通信費用の増加が特に目立っており、政府および企業の対策を切に望みます。

夫65歳、妻60歳以上で無職夫婦世帯老後の生活費マンション暮らし


下の表は、平成28年のマンション暮らしの無職夫婦世帯の生活費を見積った結果です。
住宅のローン返済が無い場合です。

老後の生活費の推移表 マンション夫婦暮らし

夫65歳以上、妻60歳以上の無職夫婦で、標準とマンション暮らし世帯の生活費を比較してみましょう。

マンション暮らしでは標準よりも非消費支出が減っていますが、これは固定資産税 等の税金が少ないためです。

マンションでは管理費および修繕積立費が毎月引かれており、その分住居費が上がっています。 
修繕積立費は、初めのうちは少ないのが普通のようですが、マンションの定期修繕時に追加で費用を徴収されたり、定期的に上がる場合があるので注意が必要です。
お住まいの修繕積立計画をもう一度確認されることをお薦めします。

集合住宅では安全性、便利性の観点から冷暖房は電気だけの場合が多く電気代もかさみます。
オール電化マンションでは、さらにこれよりも上がります。

集合住宅ですから損害保険にも加入しているマンションもあるかと思いますが、その場合はさらに費用がかかります。

マンション暮らしの夫婦世帯ではさらに上がり、生活費が毎月292、910円と、約30万円かかっています。

参考資料